適応床高範囲が広がり、少ない品番で対応可能に!万協『防振システムネダ』

万協フロアーシステムの『防振システムネダ』は、乾式遮音二重床の施工で使われるシステムネダです。これまで、二重床の施工では際根太が使われていましたが、遮音性の問題から、最近は防振システムネダが多く使われています。

今回は、従来と比べて少ない品番で対応可能になった、万協『システムネダ』をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

【商品の紹介】

万協の防振システムネダでは、100kg荷重を200万回与える過酷な試験でも破損や以上が見られない耐久性の高いゴムが使われており、支持脚は強度・耐久性に優れた強い鋼製、支持脚のめっきには環境に配慮した三価クロメート処理が施されています。

間仕切壁下部に、防振ゴム材が付いた防振システムネダを採用することで、マンションなど集合住宅における遮音性を向上させることができます。

【適応床高範囲が拡大】

防振システムネダは、2017年10月より適応床高(ネダ天板からコンクリートスラブまでの高さ)範囲が拡大しました。複数の品番をまとめ、少ない品番で対応できるようになっています。旧品番では適応床高に合わせて3種類だった製品が、改定品番では1種類にまとめられました。

【仕上がりにバラつきがない】

防振システムネダを含む万協フロアーシステムの製品は、JIS規格やISO9001に対応し、作業者や施工現場によって仕上がりにバラつきが出ないよう、標準化を行っています。そのため、工期の短縮やコスト削減にも役立ちます。

匠の一冊では万協の防振システムネダを取り扱っています。万協システムフロアーの部材をご注文の際はぜひご利用ください。

 

万協システムネダ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

建築資材販売に携わり約40年。