再配達の削減、4割強が「自宅用の宅配ボックスは効果的」 ~内閣府「再配達問題に関する世論調査」~

宅配便の再配達の削減に対し、4割強の人が自宅用の宅配ボックスの設置は効果的と考えていることが、内閣府が行った「再配達問題に関する世論調査」で分かった。同調査は全国18歳以上の男女1803人に聞いたもの。
「宅配便の再配達の頻度」をみると、「ほぼすべての荷物で再配達」が9.4%で1割程度。「半分以上で」は16.1%、「3割程度で」は27.5%となり、半数以上が再配達を依頼している結果に。年齢別でみると「半分以上の荷物で」と答えた人は30歳代と40歳代が多く、「ほぼすべての荷物」は18~29歳が17.3%最多。若い世代で多い。
「再配達を減らすために効果的な取り組み」を聞いたところ、「コンビニでの受け取り促進」が46.8%と最も多かったが、「自宅用の宅配ボックス設置」も42.4%と4割強の回答を集めた。「自宅用の宅配ボックス設置」を年齢別にみると、18~29歳が39.3%、30~39歳が34.5%と3割を超え、若い世代の割合が高くなっている

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で